製品

アプリ内のライブビデオストリーミングを数分で体験できます。アプリにライブビデオストリーミングを埋め込む

アプリ内のライブビデオストリーミングを数分で体験できます。アプリにライブビデオストリーミングを埋め込む

私たちが
センドバードコールズ」を発売
2020年にSendbird Callを発表したとき、私たちは新しい製品を発売することに興奮しましたが、同時に、ユーザーが簡単にアプリ内の
ビデオ通話
デベロッパーを介さずに なぜ? なぜなら、私たちの高度に抽象化されたAPIは、あらゆるウェブやモバイルアプリにビデオコールを簡単にコーディングすることができますが、この作業はプログラマーにしかできないことだからです。 誰もがこのような背景を持っているわけではありません。

この問題を解決し、Sendbird Callsを誰でも利用できるようにするため、ダッシュボードにコールスタジオを開発しました。 コールスタジオでは、誰でも当社のビデオ製品を体験することができ、ウェブやモバイルアプリケーションから直接ライブビデオストリーミングを埋め込むことができます。

今日、私たちは同じような機能を提供できることをうれしく思っています。
ライブビデオストリーミング
ライブビデオストリーミングを体験していただけるようになりました。

センドバードのライブスタジオ体験の構成要素

ライブイベントの設定方法&ライブビデオストリームの埋め込み方法

ライブイベントを設定するには、以下の簡単な手順に従います。

  1. Sendbirdにログインする
    ダッシュボード
  2. 既存のアプリケーションを作成または使用する
  3. ライブスタジオへ向かう

  4. ライブイベント用のユーザーを作成します。 次に、画面に表示される手順に従います。

  5. Sendbirdのモバイルまたはウェブデモアプリにログインするようユーザーを招待します。
    • ウェブユーザーの方は、ダッシュボードで利用できるウェブリンクが必要です
    • モバイルユーザーの方は、Sendbirdのダウンロードが必要です
      iOS

      アンドロイド
      デモアプリをダウンロードしてから、共有するQRコードでログインしてください。

      ユーザーが簡単かつ迅速に体験できるようになりました
      センドバードライブ
      このため、ユーザーがパッケージキットを使ってデバイスにインストールする必要があるテストアプリケーションにAPIを組み込むという面倒な開発プロセスを経ずに、ユーザーは簡単にSendbird Liveを体験できるようになりました。

      ここでは、Sendbirdスタジオを使ってユーザーがライブビデオ配信イベントを作成する例を簡単に動画でご紹介します。

      デモのプロセスを効率化する。ライブビデオストリーミングを埋め込む場合の注意点

      百聞は一見にしかず」なら、ライブデモは写真や文字による説明より、限りなく説得力があります。 貴重な開発リソースを必要としないため、プロダクトマネージャー、ユーザーエクスペリエンスデザイナー、その他の非技術者は、Sendbirdの低遅延WebRTCクラウドインフラを利用したWebおよびモバイルアプリケーションでライブビデオイベントの魅力と品質を一緒に体験することができるのです。 それに、開発者が何時間もかけてコーディングやデバッグをするよりも、簡単な概念実証を見せる方が数分も早く済みます。 Sendbird LiveスタジオとSendbird Live SDKを使ったワークフローを簡単に比較します。

      Sendbird LiveスタジオとSDKのライブビデオデモワークフロー比較

      センドバードのライブスタジオは、他にどのようなメリットがあるのでしょうか?

      Sendbird Liveのダッシュボードベースのデモの利点は以下の通りです。

      1. より多くのユーザー層へ:誰でもSendbird Liveの機能を確認したり、デモをしたりすることができるようになります。
      2. 時間短縮:ライブイベントのセットアップに必要な時間を95%削減し、チームメイトや関係者と体験を共有することができます。
      3. 高いデモ信頼性:100%の確率で成功する再現性の高いデモを実現

      ライブビデオストリームを埋め込んで、ライブチャットとモデレーションによるパワフルなライブイベントのデモを表示します。

      Sendbird Liveのデモアプリを使いこなす

      以下は、携帯電話でのホストユーザーインターフェイスと、PCでの参加者ウェブビューの例です。 これらのインターフェースは以下の通りです。

      • カメラとオーディオのコントロールを含むライブビデオストリーミング。
      • ライブチャットはモバイル端末のUIにオーバーレイ表示され、ウェブアプリの場合はサイドに表示されます。 チャットでは、参加者のプロフィールアイコン、タイムスタンプ、メッセージの作成者情報など、ソーシャルコンテンツの豊富な手がかりが得られます
      • 選択するイベントのリスト

      Sendbird Liveのホストと参加者のモバイルアプリとウェブアプリのユーザーインターフェース

      なお、センドバードのライブ
      iOS

      アンドロイド
      モバイルおよびウェブアプリには、ライブ
      チャット

      モデレーション
      を搭載しています。

      ダッシュボードに設置されたセンドバードのライブスタジオ。ライブストリームチャットの司会

      ライブストリームを開始したら、ダッシュボードから以下の方法でライブストリームのチャットをモデレートすることができます。

      • リアルタイムでのコンテンツ編集・削除
      • 参加者がこれ以上安全でない発言をしないように、ミュートまたは禁止する。
      • ライブチャットチャンネルの凍結
      • 視聴者数、視聴時間、ピーク視聴時間、累積視聴時間などのイベント統計情報を閲覧可能
      • カスタムアイテムのメタデータを作成する

      Sendbird Liveのモデレーション用管理者ユーザーインターフェイス

      Sendbird Liveでアプリにライブビデオストリーミングをデモ&埋め込み

      ライブビデオAPIの選択は、長く退屈なプロセスである必要はありません。 Sendbirdのライブストリーミング・クラウドビデオ・プラットフォームを評価するには、まず、ウェブサイトやモバイルアプリケーションで提供したい体験を直接テストすることから始めてください。 開発者の皆さんには、私たちが提供する「Skype」をご覧ください。 ドキュメンテーション をクリックすると、ライブイベント機能の導入方法についてご覧いただけます。 Sendbird Live APIは、RTMPトランスコーディング、画面共有、ライブビデオリアクション、カメラフィルター、クラウド録画に対応しています。 さらに
      センドバードチャット

      センドバードの鳴き声
      APIを利用することで、開発者はよりユニークなビデオやチャットプラットフォームの機能を利用することができ、イベントへの参加率を高め、それによってマネタイズを行うことができます。 エクスペリエンス
      センドバードチャット

      センドバードの鳴き声
      を利用して、様々なイベントの中でもプライベートなサイドウォッチパーティーを実現することができます。 を起動することもできます。
      リアルタイムマーケティング
      販売キャンペーン
      販売キャンペーン
      を大規模に行い、収益を上げるとともに、コミュニティを育成し、ブランドエクイティを構築することができます。

      技術スタッフの専門知識を活用したい場合。
      ご連絡ください。
      !お客様のプロジェクトを検討し、ブランドが必要とするライブ体験を実現するために必要な、最高のアプリ内会話機能を提供させていただきます。

      Categories: 製品