Insights

PRDを作成する前に顧客を理解しなければならない理由

PRDを作成する前に顧客を理解しなければならない理由

先週、カスタマーエクスペリエンスのソートリーダーである
アネット・フランツ氏が、Sendbirdのためにウェビナーを開催しました。
を開催し、顧客中心型組織の10の基本原則を紹介しました。

その10原則の中で印象に残ったものがあります。”製品より人 “です はい、その通りです。 製品よりも人が先であるべきだ。

ウェビナーでアネットは、製品チームは顧客が何を達成しようとしているのか、どんな問題を解決しようとしているのか、どんな課題がその道を阻んでいるのかを本当に理解しなければならない、と話しました。 機能や製品を作るために飛び込む前に、顧客が何を達成しようとしているのかを理解するようにします。

単に顧客の要望を聞くだけでなく、顧客のペインポイントや、やるべき仕事の中で何をしているか、何を考えているか、何を感じているかを真に理解することが必要なのです。 フランツの言う「製品より人」とは、PRDの作成に取りかかる前に、まず顧客のペインポイントを考え、顧客が解決しようとしている問題を知るということです。 そうでなければ、お客様の問題を解決するよりも、より多くの問題を生み出してしまうことになりかねません。

製品マーケティング担当者として、私は、顧客がソリューションを定義するために(製品やエンジニアリングチームと同様に)まっすぐに飛び込んでくる可能性が高いことを直接見てきました。 しかし、アネットが著書の中で書いているように
ビルト・トゥ・ウィン
,

“お客さまが何を求めているかを聞いているのであれば、それはすべて間違っています。”


“人々は1/4インチのドリルを買いたがらない。1/4インチの穴が欲しいのだ!”
– セオドア・レヴィット

この製品が解決すべき問題は、1/4インチの穴が必要なことであり、これをどのように解決するかは、お客様にとって多くの選択肢があることです。 顧客のペインポイントに焦点を当てることで、製品チームは顧客のために価値を創造する革新的な方法を見つけることができるのです。 そして、価値は顧客を維持する。


“製品のために顧客を探すな、顧客のために製品を見つけよ”
– セス・ゴーディン

アネットは、”お客様の声を取り入れないと、議論も決定も設計もできない “というルールに従った組織を、お客様中心の組織と定義しています。 製品チームが時間をかけて、どうすればお客様の問題を解決できるかを真剣に考えれば、それがお客様に価値を提供し、その対価としてビジネスにも価値を提供することができます。 したがって、顧客理解は顧客中心型組織の「礎」となるものです。

では、何から始めればいいのでしょうか? お客様の声をどのように取り入れるか? アネットは、下のスライドにあるような素晴らしいアイデアをプレゼンテーションの中で概説しています。 是非ともお勧めします
Annetteのウェビナープレゼンテーションのリプレイをご覧ください。
をご覧ください。

Categories: Insights