Skip to main content
Chat SDK v4 2x

Swift, Kotlin, and TypeScript SDKs

Sendbird LiveのOBSとRTMPサポートの紹介

Jan 17, 2023 • 1 min read
Emmanuel Delorme
Product Marketing Manager
Chat SDK v4 2x

Swift, Kotlin, and TypeScript SDKs

Chat SDK v4 2x

Swift, Kotlin, and TypeScript SDKs

Sendbird Liveへの最新の追加: Open Broadcaster Software (OBS) と Real Time Messaging Protocol (RTMP) のサポートを発表できることを嬉しく思います。Sendbird Live は、開発者がライブ ビデオ機能を Web サイトやアプリケーションに簡単に追加できるように設計された、使いやすいストリーミング APIです。これは、ライブ オンライン イベント用の最も機能豊富でスケーラブルな世界クラスのチャットAPI を備えた唯一のライブ ビデオ APIです。RTMP のサポートとそれに伴う OBS との相互運用性は、Sendbird Live の重要な部分です。

このブログ投稿では、 OBSRTMPとは何か、それらがどのように機能するか、なぜビデオ制作ワークフローの重要なコンポーネントであるかについて詳しく見ていきます。

OBSとは?

OBS (Open Broadcaster Software) は、ビデオ録画とライブ ストリーミング用の無料のオープン ソース ソフトウェアです。Windows、Mac、および Linux で使用できます。個人や組織は、YouTube、Twitch、Facebook などのさまざまなプラットフォーム向けの高品質のビデオ コンテンツを作成するために、広く使用されています。

OBS を使用すると、Web カメラ、デスクトップ画面、カメラやマイクなどの外部デバイスなど、複数のソースからビデオをキャプチャできます。また、クロマキーオーディオ ミキシングシーン トランジションなど、ビデオを編集および強化するためのさまざまなツールと機能も提供します。OBS は高度にカスタマイズ可能です。ゲーム、エンターテイメント、および教育機関が幅広い目的で使用しています。

OBS の重要な機能の 1 つは、RTMP (Real-Time Messaging Protocol) のサポートです。これにより、ユーザーはビデオをメディア サーバーまたはその他の宛先にストリーミングできます。

RTMPとは?

RTMPは、インターネット経由でオーディオ、ビデオ、およびその他のデータをストリーミングするためのプロトコルです。Macromedia (現在の Adob​​e) が最初に開発したもので、Facebook、YouTube、Twitch などのビデオ プラットフォームでストリーミングに一般的に使用されています。RTMP は、安定した信頼性の高い接続を使用してストリームを配信する TCP ベースのプロトコルです。これにより、低遅延で高品質のビデオとオーディオをストリーミングするのに適しています。

Sendbird for live streaming demo video content offer background

In-app live streaming made easy.

RTMP は OBS とどのように連携しますか?

OBS は RTMP ストリーミングをサポートしているため、ユーザーはビデオとオーディオをメディア サーバーに送信できます。OBS で RTMP を使用するには、RTMP サーバーの URL と、必要な認証の詳細またはその他の設定を指定する必要があります。OBS で RTMP ストリームを設定したら、OBS インターフェイスの [ストリーミングを開始] ボタンをクリックしてストリーミングを開始できます。その後、ビデオとオーディオが RTMP サーバーに送信され、対象の視聴者にストリームが配信されます。

OBS ユーザーにとって RTMP サポートが不可欠なのはなぜですか?

RTMP サポートは、いくつかの理由から OBS ユーザーにとって重要な機能です。まず、RTMP は広く使用され、十分にサポートされているプロトコルです。幅広い宛先やプラットフォームにストリーミングするために使用できます。これにより、OBS ユーザーは、場所、デバイス、またはソーシャル プラットフォームに関係なく、対象とする視聴者に簡単にリーチできます。

次に、RTMP は信頼性が高く効率的なプロトコルであり、スムーズに途切れることなくストリーミングできます。これは、遅延や中断がユーザー エクスペリエンスに悪影響を及ぼす可能性があるライブ ストリーミングにとって特に重要です。

最後に、RTMP は、ストリームを記録したり、利用可能な帯域幅に基づいてストリームの品質を調整したりするなど、追加の機能を提供できます。これにより、高品質のビデオとオーディオをストリーミングしたい OBS ユーザーにとって、多用途で堅牢なオプションになります。

OBS を使用したエンド ツー エンドのビデオ ワークフローは、RTMP をサポートするとどのようになりますか?

カメラから OBS、メディア サーバーへのビデオ ワークフローには通常、いくつかの手順が含まれ、特定の設定や要件によって異なる場合があります。プロセスの概要は次のとおりです。

  1. ビデオは、スタンドアロン デバイスまたは内蔵 Web カメラのカメラでキャプチャされます。
  2. ビデオは、ケーブルを使用してカメラをコンピュータに直接接続するか、Wi-Fi や Bluetooth などのワイヤレス接続を使用して、OBS を実行しているコンピュータに転送されます。
  3. OBS は、解像度、フレーム レート、ビットレートなどの設定を含む、ビデオ入力の管理と制御に使用されます。OBS を使用して、クロマキー、オーディオ ミキシング、シーン トランジションなど、ビデオにさまざまなエフェクトやエンハンスメントを適用することもできます。
  4. 処理されたビデオは、OBS から Sendbird メディア サーバーなどのメディア サーバーにストリーミングされます。メディア サーバーは、意図した視聴者へのストリームの配信を管理し、トランスコーディングや録音などの追加機能を提供する場合もあります。Sendbird の場合、RTMP ビデオ ストリームは WebRTC にトランスコードされ、参加者の Web およびモバイル デバイスにリアルタイムで配信されます。リアルタイム ビデオ ストリーミングは、低遅延ストリーミングとは異なり、ソースと視聴者の間の 1 秒未満の遅延でライブの人間のやり取りを再現します。たとえば、クラウド ゲームでリアルタイムのユーザー エクスペリエンスを実現するには、100 ミリ秒から 500 ミリ秒のレイテンシが必要です。
  5. 視聴者は、プレーヤーが埋め込まれた Web サイトまたはモバイル アプリを使用してストリームにアクセスできます。

このワークフローは、高品質のビデオ コンテンツをキャプチャ、処理、配信するための柔軟で効果的な方法を提供します。

Sendbird Live を使用して迅速に構築し、グローバルにスケーリングする

OBS がビデオ制作ワークフローの中心にある場合、Sendbird Live の RTMP トランスコーディング機能を利用して、高品質のビデオ コンテンツを Web およびモバイル アプリケーションに直接、最大 100,000 人の参加者からなる大規模な世界中の視聴者に簡単にブロードキャストできます。

Sendbird Live を数分で体験するには、Sendbird Live ダッシュボードにアクセスしてください。チームのオンライン イベントを作成し、Sendbird WebiOS、およびAndroidデモ アプリを使用してビデオ ストリームに参加するよう招待します。開発者を必要とせずに、ビデオ ストリームをすばやくセットアップできます。

概念実証 (POC) を開始するために、開発者は Sendbird Live UIKitとiOSAndroid、およびWeb用のサンプル アプリを利用できます。ライブ ストリームとライブ チャット用の事前構築済みのユーザー インターフェイス (UI) コンポーネントにより、初期設計作業の必要がなくなります。

Sendbird Live SDK のその他の機能については、ドキュメントを参照してください。RTMP トランスコーディング、カメラ フィルター、クラウド レコーディングなどから、Sendbird Live は、アプリでライブ イベントをホストし、エンゲージメントを高め、ブランド エクイティを構築し、素晴らしいコンテンツで世界中の視聴者を収益化するための最もシンプルなビデオ SDK です。

Sendbird Live のすべての機能への早期アクセスについては、今すぐお問い合わせください。当社のエンジニアリング チームがすぐにセットアップを行います。

Ebook Grow content offer background

Take customer relationships to the next level.

Ready for the next level?